特殊技術によりチタン・テラヘルツのコーティングストーンを開発。ブレスレット・ネックレスやビーズを販売しております。

タイトル

  テラヘルツ人工鉱石の詳細&各種実験・分析結果

<テラヘルツ波とは>

テラヘルツ

 テラヘルツ波(THz波)は、電波と光の間に位置し、両方の性質を兼ね備えた光です。1秒間に1兆回(=テラ)の分子振動をし、吸収は腸である遠赤外線に対し、『透過波長』であるテラヘルツ波は、様々な物質の通過が可能で、人体に安全でありながら、細胞を傷つけることなく活性化・水に敏感に反応(人体は7割前後が水)吸収する働きがあります。
 NASAの研究では、遠赤外線領域の4〜14ミクロンの波長は人体の分子との共振作用により、細胞の新陳代謝の促進効果があると報告され「育成光線」とも呼ばれ、遠赤外線以上に波長が長いので、細胞や体内酵素、DNA、その他の有機高分子の振動が活性化されるため、血行の促進、冷え・こりの軽減、健康維持、老化予防などに効果があるといわれています。
 テラヘルツ波が確認されたことで世界中が注目し、様々な分野で活用され始めました。宇宙観測では、宇宙から届くテラヘルツ波を観測する巨大望遠鏡が。医学では、テラヘルツ波を全身に透過させることでガン細胞の位置を特定する実験に成功。羽田空港では、パッシブテラヘルツ全身検査システムがあり、人体に無害なシステムで海外から不法に持ち込まれる麻薬などを画像化するシステムが導入されています。

<自然界の物質のテラヘルツ波放射率>

 自然界の物質の中では、玄武岩などが高いレベルのテラヘルツ波を出しています。これらの岩を握っただけで体の痛みが軽減したとか、傷口に塗ったら早く治癒したなど、昔から伝えられてきました。今ではその理論的な説明が可能です。創傷は、細胞の肉芽形成、繊維化を経て自然治癒しますが、テラヘルツ波は傷の修復を促進する働きがあるといいます。

グラフ

<自然界で最もテラヘルツ波の放射が多いのは赤ちゃんです!>

 赤ちゃんは放射量が多い上に、平均放射率も高いといわれています。しかし、年齢を経て生命力が衰えてくると、放射量と平均放射率は低下します。また、ふちょうに陥っている内臓も、放射量・率は共に低下します。

赤ちゃん

 植物や動物についても人体と同様で、健康的なものはテラヘルツ波の放射量・平均放射率は共に高く、不健康なものは低くなります。また、食品なども鮮度が高い物は、放射量・率は共に高いことがわかっています。

<サーモグラフィー測定結果>

<遠赤外線とテラヘルツ波の違い>

さいたま市北区/極性素材技術研究所
測定実施日/2011年3月3日
測定器/アピオニクス製 TVS-100
被験者/男性22歳 検体/テラヘルツネックレス

 遠赤外線は物質の表面を構成している分子の振動に吸収される為、熱の伝導であり内部までは浸透しません。
テラヘルツ波は波長が大きく、電波のように物質への通過浸透性・透過性に優れ、全身に効果が期待できます。

●測定開始
●30分後

<遠赤外線領域から計測したテラヘルツ波の検証結果>

三重県工業研究所による遠赤外線測定グラフ(2011/1/28〜2011/2/7)
測定結果/2.5μm〜25.42μm(ミクロン)の単位を記録。放射率/87.34%の高い放射率を記録しました。

<テラヘルツ人工鉱石成分表>

岐阜県土岐市立陶磁器試験場による分析結果
 
トップページにもどる